第五次配分(最終配分)結果について

新型コロナウイルス感染症の5類移行を受け、本年3月末日で寄付金の受付を終了した「こうべ医療者応援ファンド」について、配分委員会で決定された第五次配分の結果を下記のとおり報告いたします。

配分結果

市内292医療機関 123,810,000円  
市内67訪問看護ステーション   3,035,000円
359機関合計 126,845,000円  

配分対象期間

2021年12月1日~2023年3月31日(第6波~第8波)

配分対象機関

① 新型コロナウイルス感染症の入院患者の受け入れ実績がある市内医療機関

②新型コロナウイルス感染症の外来患者に対して治療実績がある市内医療機関

③自宅等で療養している新型コロナウイルス感染症患者に対し、往診・訪問診療を行った市内医療機関または、訪問看護を行った市内訪問看護ステーション

配分方針

上記配分対象期間中に新型コロナウイルス感染症患者に直接対応した医療従事者の実人数に対し、以下の単価に応じたQUOカードを配付

配分対象医療機関従事者1人あたりの配分単価 
クラスター発生「有」  10,000円
クラスター発生「無」5,000円

※クラスター発生の有無および医療従事者の実人数については、配分対象機関へ事前に調査を実施し、その回答に基づき配分単価を決定

※QUOカードは2023年11月29日~12月4日までに各機関へ送付予定

参考

配分委員会委員(令和5年度)

  • 南 裕子 :神戸市看護大学 学長(座長)
  • 南 康博 :神戸大学大学院 医学研究科生理学・細胞生物学講座 細胞生理学分野教授(副座長)
  • 堀本 仁士:神戸市医師会 会長
  • 西 昻  :神戸市民間病院協会 会長
  • 細谷 亮 :神戸在宅医療・介護推進財団 理事長、前神戸市中央市民病院長

寄付金受入実績

受付期間 令和2年4月24日~令和5年3月31日

受入金額 8億7,895万9,213円(4,188件)